Sponsored Link

うつ病で仕事ができない時の生活というのはどうすればいいのでしょうか。

Sponsored Link

うつ病で仕事できない

うつ病で仕事ができないくなってしまうという事があります。

うつ病を発症すると仕事に行けなくなってしまったりする方もいれば仕事は行けるという方もいます。

うつ病の症状は人それぞれなので、これができてこれができないという事が言い切る事はできませんが仕事が原因でうつ病を発症してしまう方がいます。

仕事が原因でうつ病を発症してしまった方は会社に行けなくなる方が多いですしストレスをなくす為に仕事を辞めるという方もいます。

うつ病を発症して仕事を今まで通りできるという方は少ないと思いますので、なんとか出勤できるレベルではないでしょうか。

そんな状態ですが踏ん張って会社に行き生活の為に働いている方はいます。

会社に行き働かなければお金が入らなくなり生活できなくなってしまいますので働けなくなるギリギリまで会社に行っている方が多いと思います。

お金がないと生活する事ができないのでギリギリまで働こうと思う方がいて当然ですが会社を辞めても生活をする事はできます。

うつ病で仕事できない時の生活はどうすればいい?

うつ病を発症し仕事ができない状態になった時にどうすればいいかお金の不安など様々な不安があると思います。

ですが、うつ病を発症してお金の不安がなくなれば少し楽に生活する事ができると思います。

お金の不安をなくす方法は下記にまとめてあります。

お金の不安がなくなれば少し安心して生活していく事ができると思います。

ですが、仕事を辞めて生活するという事で不安になるのはお金だけではなく今まで仕事に使ってきた時間を何に使うかという不安も出てくると思います。

もちろん、最初は仕事していた時間を自由に使えるのでDVDを観たり自分の好きな事をする時間として使おうと最初はいいのですが、そのような生活に慣れてくると社会との接点がなくなってしまい取り残されてしまっていると感じてくる時があります。

更に、社会人が働いている時間に電話したり会って話したりする相手がいない事に孤独感を感じる方もいます。

会社を辞める時はきっとお金の不安が多かったと思うのですが生活を送っていくと孤独感を感じ社会から取り残されている感じがすると思います。

なので、会社は辞めずに休職にしてください。

休職にすれば復職すればいいという気持ちを持つ事ができます。

うつ病を発症して会社を辞めてしまうと再就職を探してという事になってしまい大変ですので休職にしてくださいね。

この話は少し置いておいて、仕事を辞めてからの生活は趣味を見つけて運動を取り入れてください。

うつ病を発症し仕事を辞め生活をする時にお金の不安と孤独感などが襲ってきますので人との接点を求めるのではなく自分で自分の時間や生活を豊かにするという事を意識してください。

まとめ

うつ病を発症し仕事を休職や辞めてからの生活は誰かと一緒に過ごしたりするのではなく自分で自分の時間を大切にし自分で自分の時間を使うように意識してください。

うつ病を発症し会社を辞めてしまうと、自由な時間が増えてゆっくりする時間ができるのでうつ病を治療するには仕事はしていない方がいいのですが生活に慣れてしまうと孤独感を感じてしまいます。

孤独感を感じてしまうと寂しい気持ちになってしまい”仕事もしてなくて誰とも話さない日がある”という事で自分を否定してしまう方がいます。

会社で仕事をしていた頃の自分と比べてしまったりバリバリ働いている友達と比べてしまったりという事があります。

もちろん、人と比べるような事をしなくてもいいのですが自然に比べてしまい落ち込んでしまうものなのです。

特に、うつ病を発症している方は脳の変化によりマイナス思考になっていますので自分はダメなやつだと思ってしまいます。

ボーっとする時間も大切ですが趣味や運動をする時間を作ったり3食の食事を自炊するなどする事が大切です。

休養は必要ですが人間は暇な時間があればある程様々な事を考えてしまいますので自分で1日にやる事を作る事は大切です。

もし、会社を退職した方でうつ病が少し楽になってきた所で再就職の為に資格を取る為に勉強を始めたりするのもいいでしょう。

当然ですが、資格を取ったり食事を作ったりなどがストレスだと感じる方はやらずに休んでください。

あなたにおすすめの記事