Sponsored Link

うつ病の原因が家族関係だった時あなたはどうしますか?

Sponsored Link

うつ病の原因

うつ病の原因というのは人それぞれですし1人につき1つの事が原因でうつ病を発症したという事は言い切れません。

うつ病を発症してしまう原因というのは現在でも不明とされていますから、このような事があったからうつ病を発症したという事は言えません。

うつ病というのは心の病気と言われていますが実際には脳の変化により、うつ病の症状が出ていますので心と脳の病気と言えると思います。

うつ病の原因のほとんどがストレスが原因だと思うのですが親子関係や家族関係などの事が根本的な原因だったという事もあります。

うつ病の原因が家族関係という時があります。

うつ病の原因が家族関係

うつ病の原因が家族関係という方がいます。

もちろん、親子関係という方も多いですが家族関係が原因という方も多いです。

家族関係がうつ病の原因というのは、家族関係がよくなく家族の中で1人孤立していたりする事があります。

親子関係の場合は、親と子供という関係性があり親が子供に考えを押し付けたり放置していたりなどという愛情不足という事が多いですが家族関係というのは親もいれば兄弟などもいます。

親に考え方を押し付けられ兄弟からも色々言われている方もいると思います。

兄が自由奔放に生きて弟が親の期待に応えなければいけない”などという話は聞いた事あると思います。

他にも、”姉と妹を比べる””末っ子だけ親が可愛がる”などがありますね。

これは、親子関係なんじゃないかと思われるのですが、このような環境で育ってしまうと兄弟の関係性もよくないですし親だけではなく家族の中で孤立している気持ちになってしまうのです。

親が少し変わっていて親子関係がよくなくても兄弟や姉妹の関係性がいいという家庭はあります。

親があまり子育てに熱心ではなかったから姉妹で支え合っていたという方もいます。

家族関係が原因というのは親とだけではなく家族との関係性に問題があるという事です。

家族関係が原因でうつ病を発症した時どのようにすればいいのでしょうか。

うつ病の原因が家族関係だった時!

うつ病の原因が家族関係だった場合どうすればいいでしょうか。

家族は友人や上司などと違い切り離す事ができませんし、うつ病の治療には理解者が必要です。

なので、まず家族関係が悪くうつ病の原因は家族関係にあると思った時は理解してくれそうな人にまずは話してみてください。

話しやすい家族に話してみる

うつ病になった事を話しやすい家族に話してみてください。

家族関係が悪く家族関係が原因でうつ病になった場合家族の方と距離を置くという事をすぐにしてしまうのではなく、1人でもいいのでうつ病を発症したという事を話してみてください。

もしかしたら、その方が理解してくれるかもしれませんし理解してもらえなかったとしても何かあった時に家族の誰も何も知らないという状態はよくありません。

なので、1人でいいので話しやすい相手にうつ病を発症した事を伝えてください。

そして、他の家族に言える場合は言ってもらえればいいですし言えない場合は少し家族との距離を置きましょう。

家族と距離を置く

一人暮らしをしている方だったら家族と距離を置くという事は簡単な事だと思いますが実家暮らしをしていて原因が家族関係だった場合家族の方と距離を置くという事は難しくなってしまいます。

うつ病を発症してから一人暮らしをするという事は難しい時だってあります。

もちろん、働ける場合は働き一人暮らしをしてみたらいいと思いますが一人暮らしに慣れていないと寂しいという感情が出てきてしまい孤独感を味わってしまう場合がありますので、うつ病を発症してから一人暮らしをする場合は慎重にしてくださいね。

実家暮らしのまま距離を置くというのは、難しいように思えますが家族と精神的に距離を置く事が大切です。

これは、一人暮らしをしている人にも言える事なのですが家族に言われる一言を気にしていたり人格否定のような事を言われたりとする時にそのまま受け入れてしまいます。

そのように家族から放たれた言葉をそのまま自分の中に入れてしまうのではなく客観的に1度聞いてみるという事ができるようになる事を距離を置くという事になります。

一人暮らしをする事で家族と会う回数が減り距離を置く事ができますのでいいと思われるのですが電話やLINE・久しぶりに会った時に言われた時にグサっとこない為に家族が言っている言葉を客観的に聞いてみるという事ができればいいのです。

家族の言う事やる事を客観的に見て聞いておかしいと感じれば自分の中に入ってきません。

まとめ

もちろん、その程度で距離を置く事ができないレベルの方もいます。

悲しい事ですが現実的に話し合いをしてもわかってもらえない・話し合いにすらならないという家族というのが存在します。

その場合は、家族と距離を置くではなく家族から離れる事をおすすめします。

親子関係や家族関係というのは幼い頃から入ってしまいますので性格に影響がでますので、うつ病になりやすい性格にしてしまっている原因ではあります。

親子関係や家族関係というのは性格や人間形成に大きな影響を与えますのでうつ病になりやすい性格という方は親子関係や家族関係に問題がある可能性があります。

家族関係が原因でうつ病を発症した場合は距離を置くというのは一人で暮らす事よりも客観的に家族を見てみるという事を意識してみてください。

あなたにおすすめの記事