Sponsored Link

うつ病の人への接し方で恋人ができる7つの接し方をご紹介しようと思います。

Sponsored Link

うつ病の人へ接し方!

うつ病の人への接し方というのは難しい部分があります。

うつ病は予告なく、うつ病を発症してしまいますので突然家族の誰かがうつ病を発症する時があります。

うつ病は最近よく聞く病気ですが、自分には関係ないと思っている方が多いですが突然家族や恋人がうつ病を発症するかもしれません。

今の時代ストレス社会と言われていますから、うつ病の事やうつ病の人への接し方について少し知っている方がいいと思います。

うつ病の人への接し方というのは難しく気を使う部分もあるかと思いますが家族や恋人など身近な方がうつ病を発症してしまうと、毎日気を使う訳にもいきませんから、今回はうつ病の恋人への接し方をご紹介していこうと思います。

恋人ではなく、うつ病の人への接し方を知りたい方は上記の記事を参考にして頂ければいいかと思います。

恋人ができる7つの接し方!

あなたの大切な恋人が突然うつ病を発症したらどうしますか?

大切な恋人がうつ病を発症するなんて夢にも思っていないでしょうが恋人がうつ病を発症する可能性はあります。

付き合っていて恋人がうつ病を発症する時もありますし、うつ病の人を好きになった方もいるでしょう。

うつ病の方はモテる方が多いですので、うつ病の方を好きになる方は多いと思います。

うつ病になりやすい性格の人というのは、責任感が強かったり周囲の人に気を使えたり真面目な性格をしている方が多いですのでモテる方が多いです。

恋人がうつ病を発症した方やうつ病の方を好きになった方などは恋人ができるうつ病の方への接し方を知ってください。

愛情表現

恋人ができるうつ病の接し方で、まずは愛情表現を大げさと思うぐらい愛情表現をしてください。

うつ病の方は脳の変化によってマイナス思考になっていますので愛情表現を人以上にしなければ、うつ病の方は安心しません。

うつ病の方は自己嫌悪に陥っている時がありますので恋人に愛される事で自分に自信が付いてきますので愛情表現をたくさんしてあげてください。

愛情表現は恋人か親しかできませんし恋人であるあなたが愛されているという事実をしっかり伝えてあげる事で安心感を覚え不安な気持ちを減らしてあげる事ができます。

人肌を感じさせる

愛情表現と共に人肌を感じさせてあげる事が大切です。

人肌を感じさせる事は恋人にしかできない事ですので積極的にやってあげてください。

キスやハグを多くしてあげる事で愛されている事を実感しますし安心感を得る事ができます。

そして、キスをすると幸せホルモンであるセロトニンが出ますのでキスを多くしてあげる事が大切です。

うつ病の方は幸せホルモンであるセロトニンなどの脳内物質が不足する事でうつ病の症状が出ていますのでキスをしセロトニンを出させてあげる事ができます。

更にキスには沈んだ気持ちを励ます作用があるエンドルフィンというホルモンも分泌されますのでキスはうつ病の方には最高な治療法です。

連絡はマメ

愛情表現やキスやハグをしたりと人肌を感じさせてあげ更に連絡もマメにしてあげる事も大切です。

うつ病の方はマイナス思考になっていますし、うつ病じゃない方には考えられない程の心配をしたりします。

いつも連絡が取れている時間に連絡が取れないと不安のなったり心配になったりします。

なので、今日は忙しくてあまり連絡ができないとわかっている日には”今日は、こういう理由で忙しくて連絡が取りづらいと思う”などとなぜ忙しいのかという事も一緒に伝えてあげてください。

忙しくて連絡が取りづらい”だけだったら、なんで忙しいのかなど色々考えてしまいますので、なぜ忙しいのかも伝えてあげてください。

そして、普段は連絡をマメに取ってあげる事で安心感があります。

愛情表現をしキスやハグを多くし連絡をマメに取ってあげる事で不安になる時間をなくす事ができます。

うつ病の方と付き合っていく事で大切なのは安心感を与えてあげ不安になる時間をなくすという事です。

心配する

愛情表現などをしてあげ不安な気持ちになる時間を減らす事を意識しても体調が悪くなってしまう時があります。

その時は、心配してあげてください。

一緒に落ち込んだり、うつ病を意識しすぎる事はいけないのですが体調が悪い時に心配されないと更に体調が悪くなってしまいます。

心配されないと不安になったりしますし悲しい気持ちになってしまいます。

少し、面倒くさいかもしれませんが体調が悪いと言われたらしっかり心配しているという事を伝わるように心配してあげてください。

見守る

体調が悪い時にはしっかり心配してあげて普段は見守るようにしてあげてください。

うつ病という事を意識しすぎる事は避けて頂きたい事ですので1番近くで見守っているという体制でいてあげてください。

焦らせない

そして、見守る体制でいれる方は焦らせない事を意識してください。

うつ病を発症してしまうと会社に行けなくなったり外出をしたくないという気持ちになったりしますので”外出した方がうつ病にはいいみたいだよ”などと言って焦らせるような事はしないでください。

うつ病には太陽の陽に当たったり軽い運動などは必要ですし、うつ病の治療にはいいのですが家でゆっくりしたりしているだけではなく外出した方がいいみたいだよなどと言われてしまうと焦ってしまいます。

焦らせるような言葉はダメです。

理想を押し付けない

そして、自分の理想を押し付ける事はやめてください。

好きな人と付き合っていれば少し痩せてほしいや自分の趣味にも興味を持ってほしいなど恋人に求める物がでてきますが、そのような理想を押し付ける事は辞めてください。

痩せてほしいと言われれば痩せる努力を一生懸命しますが自分は太っていると思ってしまい嫌われてしまうんじゃないかと不安な気持ちになってしまいます。

なので、理想を押し付ける事は辞めありのままの姿を愛してあげる事が大切です。

まとめ

うつ病の恋人への接し方7つをご紹介させて頂きました。

うつ病の方は人よりも不安を感じやすく1度心配や不安な気持ちが出てきてしまうと、その事で頭がいっぱいになってしまいます。

そして、不安な気持ちと共に体調も悪くなってしまいますので安心感を与える事を意識してください。

うつ病の方と付き合うというのは大変な部分もありますが、うつ病の方は元々責任感が強かったり真面目な方が多いですので逆に安心感を覚えながら付き合っていけるんじゃないでしょうか。

ですが、あなたの一言で元気になったり落ち込んでしまったりする事もありますので接し方には気を付けてください。

うつ病の恋人に私はあなたの見方だよという事を伝えてあげてください。

あなたにおすすめの記事