Sponsored Link

うつ病の人との接し方について書いていこうと思います。

今回は、恋人と遠距離恋愛をしている時の接し方についてまとめてみたいと思います。

Sponsored Link

うつ病の人との接し方!

うつ病の人との接し方というのは難しいと思います。

うつ病の人との接し方というのは細かな部分にも気を使わなければいけませんし家族や恋人など身近な方がうつ病を発症したら接し方や言葉かけやどんな病気なのかなど調べていくと思います。

うつ病の人へ言ってはいけない禁句ワードなどがありますので禁句ワードは知っておいた方がいいと思います。

家族や友達・同僚などではなく大切な恋人がうつ病を発症したり、うつ病の人を好きになったりすると恋人としてどう支えていくべきなのかなど考えると思います。

うつ病の恋人との接し方

うつ病の恋人への接し方というのは家族や友達以上に気をつける所があります。

大切な恋人ですからうつ病じゃなくても傷つけたくないと思いますが大切な恋人がうつ病になったりうつ病だった場合、余計に傷つけたくないと思いますし大切な恋人の支えになりたいと思うと思います。

うつ病の恋人と遠距離恋愛ではない方は下記を参考にしてください。

うつ病の恋人に対して言ってはいけない禁句ワードというのもありますから参考にしてください。

早速、うつ病の恋人と遠距離恋愛している時の接し方をご紹介したいと思います。

うつ病の恋人と遠距離恋愛してる時の接し方!

うつ病の恋人との遠距離恋愛は上記の記事でも書いていますが連絡はマメに取り合い連絡があまりできない日は”なぜ忙しくて連絡できないか”を伝えてあげてくださいね。

あなたの味方だという事を伝える

まずは、うつ病の恋人に対して”私はあなたの味方”だという事を伝えてあげてください。

うつ病の恋人への接し方でも書いていますが、うつ病の恋人というのは繊細ですしあなたの一言は大きな影響を与えます。

なので、安心感を与えてあげる事が大切です。

うつ病の方は自己否定をしてしまいますし”こんな自分と付き合っていても幸せにならない”などとマイナスに考えてしまいますので、安心感を与えてあげ”あなたの味方で大好きだよ”という事を伝えてあげてください。

そして、遠距離恋愛の場合は余計に伝えてあげてください。

できる限り会いに行く

安心感を与えてあげる1つとして、出来る限り会いに行ってあげてください。

会いに行くというのは時間もお金もかかりますから大変だと思いますが、うつ病の方が会いに来るという事が大変だったりもしますし当日になって体調を崩してしまう時もあります。

うつ病の方が会う日に体調を崩して会いに行けなくなっても責めないであげてください。

当日になって体調を崩す可能性がありますし場所が変わると眠れないという方も多いですので、できる限りあなたが会いに行ってあげてください。

時間がある時に会いに行くという事で好きだという事を伝える事もできますし、うつ病の恋人も安心感を覚えますから会いに行くという事は大切です。

寂しい気持ちを共有する

そして、会えない間は寂しい気持ちを共有してください。

きっと、あなたは寂しいという気持ちを隠しているかもしれません。

うつ病の恋人が寂しいと先に言ってくる事が多いんじゃないでしょうか。

その時に、”いついつ会いに行くね”などと言っていると思うのですが、寂しいとうつ病の恋人が言った時に”寂しいから次の休みに会いに行くね”などと自分も寂しいという事をサラっと言ってあげる事で同じ気持ちなんだと安心します。

同じ感情を共有する事でうつ病の恋人も寂しいと言いやすくなりますから気持ちを共有する事は大切です。

まとめ

うつ病の恋人との接し方というのは、安心感を与える事が重要になってきますが遠距離恋愛だとうつ病じゃなくても不安になったりしますから余計に接し方というのは気を使うと思います。

ですが、連絡をマメにして出来る限り会いに行き寂しい・会いたいという気持ちを共有する事を意識してください。

毎回、会いに行っていると”負担じゃないかな?”などと様々は心配がうつ病の恋人には浮かんできますので”会いたいから会いに来てる”と言ってあげ安心感を与えてあげてください。

少し交通費を出してもらうのもいいですね。

少し交通費を負担してもらう事で、うつ病の恋人は申し訳ないという気持ちが少し減るので心配事が少しなくなりますのでいいかと思います。

うつ病の方にとって恋人という存在はすごく大きいですし、とても大切な存在になりますので負担にならない程度に支えてあげてくださいね。

あなたにおすすめの記事