Sponsored Link

うつ病の恋人と同棲中にできる5つの接し方についてまとめていきます。

Sponsored Link

うつ病の恋人への接し方

うつ病の恋人への接し方というのは難しい部分が多いと思います。

うつ病の方と恋人同士になると今までの付き合いと同じようにとはいきません。

やはり、気をつける所は気をつけなければいけませんし禁句ワードなどもあったりなど、うつ病じゃない方と付き合っている時よりも気を使う事が多いかもしれません。

ですが、うつ病を発症してしまう方というのは真面目で周りの事を考えて行動できる方が多いですから優しい方が多いと思いますし一緒にいたいと思わせてくれる相手ではないでしょうか。

うつ病の恋人と同棲している場合やうつ病の方と交際を始め同棲するという時に気をつけるべき接し方というのがあります。

うつ病の恋人と同棲中の5つの接し方!

うつ病の恋人と既に同棲している方やこれから同棲を始めようとしている方などに5つの接し方というのをご紹介したいと思います。

休養させる

やはり、しっかり休養させてあげてください。

これから、同棲を始めるという方はうつ病の恋人が仕事をし家の事もするというのは少し負担になると考えてあげてください。

もちろん、うつ病の恋人もできる事はやってくれると思いますが役割分担して決めてしまうと元々責任感の強いうつ病の恋人の方は心の状態がよくなくできない状態の時でも一生懸命やろうとしてしまいます。

なので、できる方がやればいいというスタンスでいてあげる事が大切です。

既に同棲しており恋人がうつ病になったという方は、今までのように仕事もして家事もしてという事ができなくなってしまうと思いますが、それを責めずにできる限りやってあげてください。

家の事を任せすぎない

家の事を任せすぎないであげてください。

というのは、お互いに仕事をしていればできる方がやったりという事になると思うのですが、もしうつ病の恋人が有給休暇を使って家にいたり会社を辞めて休養する事になっても家にいるなら家の事をしてほしいと思うのが当然だと思います。

ですが、うつ病になってしまうと自分の身の回りをする事も困難だったりしまうので家にいるなら家の事をしてほしいと思ってしまうと思うのですが、家の事を全て任せてしまうと負担になってしまう事があります。

うつ病になり会社を辞めという状況になった事でも同棲していると相手に負担をかけてしまっているんじゃないかと思ってしまい、うつ病の恋人はマイナスに考えてしまいますので家事をやっていなくても責めずにいてあげてください。

家事はあなたがしてほしいと言ってしまうとできない時に落ち込んでしまったりしますので、できる時にやってくれたらありがたいぐらいで言ってあげてください。

一緒に病院に行く

そして、恋人がうつ病で同棲している場合は一緒に病院に付き添ってあげてください。

大切な恋人と同棲しているという事は結婚も視野に入れていると思いますので一緒に病院に行き体調を聞いておく事は自分の為にもなりますし、うつ病の恋人も安心しますし病院に付き添ってくれるというのは嬉しい事です。

薬の管理

そして、薬の管理をしてあげてください。

精神科や心療内科に通っていると精神安定剤や睡眠導入剤などが処方されていると思いますので薬の管理をしてあげてください。

全員ではないのですが、体調が悪いからという事で薬を多めに飲んでしまったり心の状態がよくない時に薬を多く飲んでしまう方がいます。

なので、しっかり薬の管理もしてあげてください。

体調の変化を観察

体調の変化もしっかり観察してあげてください。

季節の変わり目や雨の日など体調が悪くなる時があります。

他にも、少し様子がおかしいなと感じたらできる限り一緒にいてあげたり安心させてあげたりしてあげてください。

安心感がなくなってしまったり何もないのにマイナス思考になったりしてしまいますから、何もなくても体調が悪い時はいつも以上に気にかけてあげてください。

体調の変化をしっかり観察してあげ体調が悪いなと感じれば気にかけてあげ、こういう日は体調が悪くなるという事を頭に入れておいてあげてください。

まとめ

体調の変化や薬の管理などうつ病じゃない方との交際ではしなくてもいい事もしなければいけないくて大変な部分もあると思いますが、恋人であるあなたの存在はすごく大きいです。

体調の変化や薬の管理をしていたら、うつ病の恋人の体調の波などもわかってくると思いますので、しっかり対応してあげてください。

うつ病の恋人も仕事をしている方が多いと思いますので家事を一緒にやるではなく自分がやるという意識でいた方が気持ち的には楽だと思います。

うつ病の方は特になにもなくても落ち込んでしまったりもしますしイライラしてしまったりもします。

その体調の変化に対して責める事はやめてあげてください。

あなたにおすすめの記事